ネットワーク監視は必要不可欠な業務です。

ネットワーク監視は企業活動を円滑に進めるために重要です。

ネットワークは企業活動には欠かせない存在になっています。日々様々な情報がネットワークを介してやり取りされています。社内の管理システムや外部とのメールのやり取りなど様々なサービスが稼働しており、そのサービスを停止するということによる損失は計り知れないものがあります。日々のネットワークのやり取りなどをログと呼ばれるファイルから確認したり分析したりすることで円滑に企業活動が行えるように維持するのがネットワーク監視だといえます。

ネットワーク監視にはトラブルを未然に防ぐ役割があります。

ネットワーク監視という業務はネットワークの状態を監視するということであって決して利用の内容を監視するということではないといえます。一番重要なことは状態の確認を行ってトラブルを未然に防ぐということにあります。そのためには定期的な機器の動作状態の確認など地道な作業が必要になってきます。問題が起こりそうな箇所を発見した場合にはすぐに対処することが求められます。トラブルを限りなくゼロに近づけることが求められます。

ネットワーク監視には様々な方法があります。

ネットワークを監視する方法としては様々あります。一番基本的な監視方法が死活監視と呼ばれる方法です。これはネットワークのサービスに関連する機器の稼動状態を確認する方法です。定期的に機器の状態を確認することで通信が行えているかを確かめます。その他にも快適にネットワークを利用するための遅延監視や経路監視などがあります。こちらは通信に時間がかかってしまったりしていないかを確認する方法になります。いずれも非常に大切な監視です。

システム内のコンフィグファイルは、一文字変更するだけでシステムの挙動が変わることがあります。そのためプログラムのソースコードと同じレベルでコンフィグ管理を行うのが望ましいです。