風評被害から個人や企業を守るために

匿名性が高いので書き込みがしやすい

インターネットは現在ではとても発達をし誰でも簡単に接触できるものとなっています。そして、顔や住所などが特定されにくく匿名性があるため、インターネットのサイトや掲示板への書き込みがしやすく、これが原因による風評被害が多くあります。個人の場合は個人の知られたくないプライベートな事や悪口を書き込みしたり、個人の社会的評価を低下させる書き込みの被害があります。企業の場合は商品やサービスに対しての悪意のある評判や、職場環境の悪い評判などの被害があります。

できるだけ早く対応することが大切

風評被害とは、根も葉もない噂などから経済的被害を受けたり、非難をされる対象とは別のものが被害を受けることを言います。個人や企業が誠意ある対応をしているにも関わらず、根も葉もない噂により被害を受けてしまいます。インターネットのサイトや掲示板への書き込みは、一度書き込みがされるとすぐに全世界へと広まり、広まりを抑える事は難しいものがあります。しかし、広まっていくのをただ見ているだけでは被害をさらに大きくしていくだけです。できるだけ早く風評被害対策を行うことが大切です。

どのような対策ができるのか

サイトや掲示板への書き込みは、本人や企業が見つけにくい場合が多く、周囲の方が気がついたり、同業者の方が通報してくれたりします。また販売を行っている企業は突然の売上の低下で判明することもあります。なかなか発見されにくいので企業の場合はネットを監視する専任の方をおく場合もあります。サイトや掲示板で発見された場合は、管理者に削除依頼をすることが一番の風評被害対策になります。そして、あまりにひどい場合はIPアドレスから加害者を特定することが可能です。

ネット社会になり、誹謗中傷対策はより重要となります。そこにしっかりとした意思や意見もなく、暇つぶしでなんとなくの行動から甚大な被害を受けていることが多いです。非常に難しい世の中です。